身近になった動画制作と現代

様々な機材を使用して撮影・編集などを行う動画制作は、専門的知識を持たない素人には難しいものです。
しかしながら、スマートフォンが普及した現代では、誰もが手軽に動画を撮影し、簡単な編集まで行うことができるようになりました。
一般家庭で動画を撮影することが可能となったのは、約20年前に家庭用のハンディカムが普及し始めたことがきっかけでした。
ただし、当時のものには撮影した映像を編集する機能はありません。
そして、撮影した動画は、テレビにデッキを繋いで視聴するという楽しみ方にとどまっていました。
現在では、誰もが手軽に動画を撮影・編集できることに加え、SNSが爆発的に普及したことによって、動画の楽しみ方が多様化していると言えます。
インターネットの力によって、個人で楽しむに留まっていた動画を、全世界にまで発信できるようになったのです。
この数十年で、動画という媒体を取り巻く環境は飛躍的に進化を遂げたといえるでしょう。
この先の未来は、動画制作がもっと身近に、もっと簡単になっていくのでしょうか。
注目していきたいところです。

知っておこう!動画制作の手順

動画制作をプロの動画制作会社に依頼した場合、いったいどのような手順で動画が作られていくのでしょうか。
簡単な工程をまとめてみようと思います。
まず、一番初めに行われるのが「ヒアリング」です。
制作会社の方で、クライアントが映像を作る目的をヒアリングし、それを元にして企画を行います。
そこから動画の内容や制作スケジュール、制作費用などの見積もりを出し、クライアントに提案を行います。
その提案に問題がないようであれば、正式に契約が結ばれ発注となります。
プランを具現化し、具体的なナレーション内容や映像の順番などが決められていきます。
そしていよいよ制作です。
撮影の場合であれば、ロケハンやキャスティングを行い、作成したスケジュールに沿って撮影が行われます。
イラストの場合は、イメージのすり合わせを行いながらラフ画を作成し、本制作に移ります。
制作が終了すると、編集の作業に入ります。
撮影素材やイラスト・CG等のデータを元にカット・合成といった編集が行われます。
またここで試写を行い、クライアントの意見を元に修正を行います。
修正の作業が終われば納品となります。
動画制作のプロが見せる、良い動画を作るコツ
形態はDVDやWEBのデータ、CM等様々です。
動画制作を依頼するにあたり、納得のいく映像を作るためには、会社とクライアント双方の連携と十分な話し合いが非常に重要になってくるようですね。

身近になった動画制作と現代

Comments are closed.