ウィズワン住宅のテクノロジー

ウィズワン住宅は、日本の住まいに関する問題点を考え、さらに新しく良い住宅を作ることをコンセプトに家づくりをしています。
建て替えといった考えではなく、住む人がメンテナンスをしてでも住み続けたくなるような愛着のある家づくり。
そして、健康に安心して暮らせる家づくり。
こういった考えの元、自然素材をふんだんに使った家づくりをウィズワン住宅ではしています。
実は、この考え、ヨーロッパの家づくりをヒントに考え出されたものなのです。
ご存知の方も多いことかと思いますが、ヨーロッパには何代にも渡って家族が長い間住み続けている家が多くあるのです。
近年、日本では、たった30年ほどで家を建て替えているところが多かったりします。
親が建てた家が気に入らないといったことなのかも知れませんが、それだけでは無いようです。
簡単に言えば、構造上に問題があって、壊れやすい素材を使っていた。
そして、交換が難しい建て方の家が多いので、建て替えざるをえない場合が多いのです。
ウィズワン住宅では、それらの建材を簡単に取り替えることができ、長く住み続けることができるような、家づくりを提唱し実践しています。

湿気に強いウィズワン住宅

日本は、高温多湿の気候風土になっています。
春夏秋冬の四季があり、梅雨のように湿気が多い時期もあります。
そんな、湿気に対する対策をウィズワン住宅では得意としています。
湿気は、木材の変化をうながすだけでは無く、鉄骨などをもサビさせてしまうものです。
家にとっては、実は厄介なものだったりします。
ウィズワン住宅では、そんな湿気に対して断熱材を多く使用した快適な家づくりを手がけています。
この断熱材なのですが、ちょっと前までは石油化学製品のものを使用しているところも多く、健康被害を及ぼしてしまっていたところもあり、マスコミでも問題になってニュースなどで放送されていたこともありました。
ですので、ウィズワン住宅では断熱材を見直し、100%自然素材の断熱材を使用しています。
先にも紹介をしたように、ウィズワン住宅が掲げるコンセプトには、健康的に暮らせる家づくりという考えがあります。
ウィズワン住宅選びに迷ったら
そういったところから、湿気に対しても、健康被害を及ぼさない建材をしようしているのです。

ウィズワン住宅のテクノロジー

Comments are closed.