二次電池の小型化を可能にしたレーザーテクノロジー

レーザーテクノロジーは、レーザー加工や計測など広い分野に使用される最先端の技術であり、今後さらなる発展が期待される技術です。
私たちの身近な物にもこの技術の進歩により実現した物がたくさんあります。
二次電池もその一つです。
二次電池とは蓄電池、充電式電池ともいい、繰り返し使える電池のことです。
バッテリーという呼称の方が若い方には伝わりやすいでしょうか。
最近の電子機器の小型化に伴い、それらに搭載する二次電池も小型化が必要となりました。
二次電池はアルミケースでできており、このふたを溶接するには高い精度が求められました。
それを実現したのがレーザーテクノロジーの一種、レーザー溶接機なのです。
小型化された二次電池は携帯電話やパソコンなどに使われています。
最近の統計では、80%近くの世帯がパソコンを所有しており、携帯電話に至っては普及率が119%に達していると報告されています。
きっとあなたのそばにも一つはあるのではないでしょうか。
今後のさらなる進化が楽しみな技術ですね。

二次電池の小型化を可能にしたレーザーテクノロジー

Comments are closed.