レーザーテクノロジーで太陽電池の品質向上を実現!

1900年代半ばにレーザーが発明されてから数十年、今ではレーザーテクノロジーは様々な分野で応用され実用化が進んでいる。
エコロジーが重要視される現代の流れと相まって更なる発展が期待される分野である。
エコといえば、太陽光発電システムを最近よく見かけるようになった。
住宅の屋根の上や、ずっと空き地だった土地などにソーラーパネルが並んでいる光景はもう今ではすっかりおなじみだ。
この人気の太陽光発電システムに欠かせない太陽電池にもレーザーテクノロジーが貢献している。
太陽電池の割れ・欠け・ヒビといったクラックは、電池の性能を低下させる原因となる。
従来の検査方法ではクラックと結晶模様を区別するのが困難であった。
しかし、レーザーテクノロジーの進歩によりレーザー検査装置が実用化され、クラックのみを正確に検出し、高精度に検出することが可能になったのである。
これは一例にすぎないが、レーザーテクノロジーの研究開発が進むにつれこのような事例が増えていくことが期待される。

レーザーテクノロジーで太陽電池の品質向上を実現!

Comments are closed.