荷捌き場テントってご存じですか?

テントといえば、なにを想像しますか?普通に生活していてテントに出会う機会って、あんまり無いですよね。
アウトドアーか、それか学生時代だったら、運動会や学園祭などの行事の時に活用される白いあれ?運動会なんかの時には、先生たちあの白い屋根の下にいられて涼しいだろうな、とかうらやましかった思い出がありますね。
けれども、意外と日常生活でテントに出会う機会って、多いんですよ?そのうちの一つが、荷捌き場テントと呼ばれるものです。
荷捌き場、そもそもこの言葉になじみがないですよね。
荷捌き場というのは、物流センターや工場、倉庫などで、トラックからその積み荷の積み下ろしの作業を行うスペースのことをいいます。
なんとなく想像が付きましたかねえ?実はあそこにも、テントが使われているんです!イメージ的には、学校で使うあの白いテントに近いでしょうかね。
今日はテントの中の種類の一つ、荷捌き場テントについて、調べたことを書いていきますね。

大小さまざまな荷捌き場テント

荷捌き場では、荷物を濡らさないことが大切です。
しかし、雨などの天気は読み切れませんし、小がない面がありますよね。
ここで活躍するのが荷捌き場テントです。
このような作業スペースに設置することで、荷物などを雨から防ぐことが出来ます。
この荷捌き場テントはサイズもまちまちで、小型のサイズのテントであれば、柱などにキャスターをつけることで移動や可動が出来るテントとしても利用することが出来ます。
荷捌き場テント、便利ですね。
そして、大きなサイズのテントになると、重さによってはキャスターをつけても移動や可動が出来ないそうです。
でも、それだけしっかりしているということですから、心強いですよね。
こうなってくるときになるのは建築確認申請ですが、こちらは基本的には必要なのですが、小さいサイズでキャスターが付いている荷捌き場テントならば工作物や仮設として設置するケースもあったりするようなので、自治体の建築課などに詳細を確認する必要があるようですね。

荷捌き場テント、用途様々

この荷捌き場テントですが、荷捌き場だけではない場所でも活用することが出来るんです。
その一例が、学校です。
雨さらしに会っていた通路や荷運び場。
常設の屋根はつけたくない、などの場合に荷捌き場テントをつける、なんてこともあるそうです。
会社によってはオーダーメイドでフレームからテントまで作ってくれるものもあり、その用途やニーズに合わせたものを作ってもらうことも可能だそうです。
また、雨風だけではなく、強度の強いものだと地理や雪、温度、音、におい、光など、あらゆるものを外部から防いでくれるんです。
それも、たった一枚のシートで出来ちゃったりするんですから、すごいですよね。
実際に紫外線よけ、日よけに荷捌き場テントを使っているところも少なくないんだとか、また、開閉式なんて便利なものもあるそうですよ。
あると便利な荷捌き場テント
それから、駐車場の屋根として荷捌きテントを設置するケースもあるようですね。
確かに、車の乗り降りの際に傘を差すのは結構面倒ですものね。

荷捌き場テントってご存じですか?

Comments are closed.