障害者求人の探し方

障害を持っている方で、求職中の方も多いと思います。
そんなとき、お仕事はどうやって探していますか?インターネットを使ってみると、障害者求人支援に特化したサイトを見つけることができますよ。
会員登録をすることで、無料で就職や転職の支援サービスを受けることができますし、障害のある方を対象にした求人情報の検索や閲覧をすることができます。
ご希望の勤務地や仕事内容での求人検索ができるので、是非、サイトを活用して、お仕事を始めてください。
障害を持っている方が、お仕事をすることは大変なことかもしれませんが、今は、採用する側も設備を整えたり、社員教育も熱心に行っているようですので、以前よりは働きやすい環境になってきていると思います。
障害者求人支援サイトでは、職場の環境や設備などについても詳細に記載されていたり、すでにその職場で働いている先輩職員の話が掲載されているところもありますので、参考にしてみてくださいね。

どんな会社が障害者求人をしているのか

従業員が一定数以上の規模の会社では、障害者雇用促進法により、従業員に占める身体障害者・知的障害者の割合を「法定雇用率」以上にしなくてはいけません。
規模の大きな有名企業で障害者求人が多いのは、上記のような理由からです。
そういった企業では、今まで障害のある社員を受け入れてきている実績があるので、設備が充実していたり、職場に障害のある方がいることが、ごく当たり前の状態になっているのではないでしょうか。
受け入れ体制の整っているところでは、とても働きやすいと思います。
障害者求人支援サイトでは、多くの有名企業からの求人情報が掲載されていますので、しっかりとした企業で働きたいという思いのある方にはとても役に立つと思います。
また、サイトに障害者求人サイトに登録すると、就職・転職の支援をしてくれる担当者が付いてくれますので、いろいろと相談しながら仕事探しができると思います。
良い仕事に出会えることをお祈りしています。

今後の障害者求人について

障害者求人に大きく関わってくる障害者雇用促進法ですが、平成25年に改正され、平成30年度よりは、現在、法定雇用率の算定基礎の対象になっている身体・知的障害者に、精神障害者も加わることになりました。
精神障害には、ADHDを始めとする発達障害やてんかんも含まれます。
現在の法定雇用率は、民間企業ではおおよそ2.0%となっていますので、私たちの身近でも障害を持った方の働く場が広がっていると言えるのではないでしょうか。
今後も、障害を持った方の雇用を促進するための法律が整備されていくと思いますので、活躍の場がどんどん広がっていくことを期待したいものです。

障害があってもなくても、人間として、やりがいのある仕事に出会うことは、生きていく中で大切なことであると思います。
そういった仕事に出会うことは、なかなか難しいことかもしれませんが、障害者求人支援サイトを活用して、是非、やりがいのある仕事を見つけてみてください。

障害者求人の探し方

Comments are closed.