村上豊彦ほか2名宅飲み

村上豊彦が、一目惚れしてしまった猫は、その後来た友人に、びっくりしてしまって、あっという間に、小学校側に走って行ってしまった。
「あっ」という間に、一目惚れの相手が遠くに行ってしまった。
友人が何かを言っていたのだが、右から左だった。
友人は悪くないのだが、ポッかりと穴が空いてしまった。
やっぱり、ちょっとだけだが、友人を少し恨んでしまいそうだった。
何はともあれ、今日の目的は、友人の家で宅飲みなので、なんとか気持をコントロールした。
友人の家の場所が分からなかったので、その友人に電話した。
飲み物を買いたいから、スーパーに3人で行ってからにしようということになった。
少し歩いた所にスーパーとファミレスがあった。
そこ意外は、近くに、なにもないという立地ということで、完全なる閑静な住宅地だった。
ビールと、ハイボールを買って、つまみも少し買って、ご飯は友人が作ってくれているということだった。
スーパーから歩いて10分くらいだろうか、友人の家に着いた。
「おじゃまします」意外にも、おしゃれな内装に、居心地の良さを隠しきれなかった。
家に自信がある人は、家に人を呼ぶんだなと確信した。
村上豊彦の家は、とっても散らかっているなとガッカリした。

村上豊彦ほか2名宅飲み

Comments are closed.