私がハッピーマムに興味を持ったわけ

私がハッピーマムという保育園について知ったのは最近のことです。
それより前に、二月ころ、保育問題に注目が集まるきっかけとなったWEB掲示板上の匿名の書き込みは、みなさんも知ってますか?私はまだ進路も決めていない高校生なのですけど、保育問題についてはまったく知識がなかったので、ものすごくびっくりしました。
こどもが保育園に入園できずに、母親が仕事ができないなんて。
だって、少子高齢化が進んでるんでしょ?どうして、こどもが少なくなっているはずなのに、保育園に入園できない子、保育園への入園を待っている子、待機児童と、そんな子を抱えている親が沢山いるんだろう?単純に、そう思いました。
そこで、少しずつ暇な時間に保育問題について調べ始めました。
待機児童という言葉。

実は、そういうふうに呼ぶんだということも、調べているうちに初めて知りました。
びっくりすることに待機児童の数は二万人以上もいて、2015年はその前の年より増加しているそうなんです。
当時の私は、もちろんハッピーマムみたいな認可保育園のことも知りませんでした。

私がハッピーマムに興味を持ったわけ

Comments are closed.