煙突のタイプと役割と二酸化炭素そしてその存在

みなさんの住む町には煙突があるでしょうか。
煙突と一口に言っても数多くのタイプがあります。
鉄製の太い針金を芯にしたヒューム管製の小型家庭用タイプもあれば、昔懐かしい酒造場や醸造工場のレンガ作りタイプ、大規模工場などにある大型の鉄筋コンクリートタイプ、また建造物だけでなく、古くは蒸気機関車用タイプや、中型・大型の船舶用タイプなど実に様々ですが、その主な役割は、その建造物や鉄道・船舶などで燃焼させた燃料を煙として外部に排出する事です。
その結果、排出された煙は外部へ拡散しますが、煙突が高ければ高いほど煙は広範囲にわたって拡散されます。
そのため、煙によって発生する二酸化炭素による地球温暖化や地球環境問題が連日のように叫ばれる現代ではその存在も危ぶまれつつありますが、でも一方では燃料の改善も進められているようです。
変わった形の煙突
そして昔ながらの日本の産業や風景の一つとして保存を考える声もまた多くなっています。
煙突はやはり日本の風景には欠かせないものでしょう。

煙突のタイプと役割と二酸化炭素そしてその存在

Comments are closed.