文書保管サービスについて調べてみました

文書保管サービスというものがあることを初めて知ったので、どんなサービスなのかを、自分の考えを織り交ぜて説明していきたいと思います。
文書保管サービスとは、その名前の通りに文書を保管しているサービスのことを言うようです。
近年、インターネットやアプリケーションなどで文書などのデータを管理する時代になってはきましたが、それでも、病院などで医師がカルテを確認する時には、やはり紙媒体のものを使用しているのを、みなさんもご存知だと思われます。
他にも、オフィスなどで作られた書類や企業内のみで守秘するような文書も、現在でもデータとして作ったものがプリントアウトされ、紙媒体として存在しているものです。
もちろん、会議などではスクリーンにデータを映して説明はしていると思われますが、それを確認している人達には紙媒体の書類が渡されていることでしょう。
文書保管サービスでは、病院やオフィスなどで収納しきれなくなった、他人には見られると困るような書類を、外部の者には確認されないように厳重に保管してくれるサービスだということがわかりました。

指示があれば廃棄処分も文書保管の会社ではしてくれます

預かった文書の経過年数が定められた保管年数以上になったり、企業側からの指示があったりしたら、すぐさま焼却や裁断をしてからのリサイクルなどを、大抵の文書保管サービス会社ではおこなってくれるようです。
パソコンの話になりますが、ハードディスク内のデータはパソコン操作で削除をすれば、永久的にデータは抹消されると思っている人が多いのではないでしょうか。
実はデータ復旧会社に持ち込めば、80%以上はデータを復旧できます。
ハードディスクは中に入っているディスクを切断したり曲げたりしないかぎり、完全なデータの消去は不可能なのです。
そんなことで、紙媒体の文書も保管できるということは、いつでも取り出せることになります。
そして年数が経ち過ぎた書類に関しては処分していかなければ、どんどん溜まることになるでしょう。
文書保管のすすめ
文書保管サービスの会社では、焼却処理、または裁断してのリサイクル処理を請け負ってくれるので、外部に漏らすことなく安全に処理してもらえます。
文書と言えど断捨離は必要なのです。

文書保管サービスについて調べてみました

Comments are closed.