体験しやすくなったスポーツ「クライミング」

クライミングというスポーツは、参加するための敷居が昔に比べると随分と低くなったように感じます。
それだけ参加しやすくなったということです。
クライミングと聞いて想像するのは、断崖絶壁を登るようないわゆるロッククライミングかもしれません。
しかし、スポーツにおけるクライミングとは、そこまでの過酷なものではありません。
例えば、凹凸のついた4、5メートル程度の壁をよじ登るなど、スポーツ用に子供から大人まで楽しめる環境が作られています。
転落などの危険に備えて、安全配慮がされている点がスポーツ化されているという根拠です。
場所にしても、わざわざ山奥まで出かける必要はなく、スポーツジムなどに人工の競技場が作られているため、体験してみるにしても、比較的容易になったのではないでしょうか。
腕力で登るイメージも強いでしょうが、むしろ全身の筋肉を使い、かつ登りやすさを考慮するので、頭を使わなくてはなりません。
その意味では、身体の健康にも良さそうなスポーツであると思います。
やりたくてもできなかった昔と違い、やろうと思えば行える環境が整っているので、挑戦してみるのもいいかもしれません。

体験しやすくなったスポーツ「クライミング」

Comments are closed.