フライパン選択のポイント

フライパンを選択する基準は様々であるが主な基準を述べる。
まず材質。
鉄、アルミニウム、ステンレス、テフロン、チタニウムなど多くの種類があり、各々の材質に長所短所がある。
次に使用場面。
家庭用か業務用かということである。
前者は家族構成や料理をする頻度である。
夫婦だけなら品数は少なくなるであろうし、5人家族なら増えるであろう。
頻度については、もし共働きならば、料理は毎日しないかもしれないし専業主婦(夫)だとおそらく毎日料理をし、食材も多種多様になる。
後者の場合、料理のジャンルや業態、店舗規模で選択する基準は異なる。
和食店ならば煮炊きが、中華店ならば炒め物が主な料理であり、これらに適したフライパンを選択すべきである。
店舗規模が大きければ購入するフライパンの数量と大きさも変わってくる。
あると便利なフライパン
入店できる客数が5人の店舗に直径40cmものフライパンは使い勝手は良くないであろうし、何百人ものお客に一度にまとめて料理を提供する場合、直径15cmのそれは効率が良くない。
使う目的と場面により、基準を考えて選ぶべきである。

フライパン選択のポイント

Comments are closed.