フライパンの材質と特徴

フライパンの材質は様々である。
主な材質を紹介する。
最もポピュラーなものが鉄製である。
熱伝導率が高く火の通りが早いため、食材にムラなく火を通すことができる。
油がフライパンに馴染んでいないうちは焦げ付くことがあるが、馴染んでいけばその心配はなくなる。
注意すべきは、まず、洗剤で洗いすぎないこと。
洗いすぎると表面に馴染みかけの油まで一緒に流してしまうため、食材の臭いが取れる程度に洗わなければならない。
また、洗ってから空焚きして乾かすこと。
鉄製なので濡れたままにすると錆びてしまうからである。
次にアルミ製。
特筆すべき点は軽量で非常に扱いやすいこと。
また、鉄製と同じく熱効率も良い。
しかし、油の馴染みは悪いため、使えば使うほど焦げ付きやすさが解消されるわけではない。
また、高火力、強アルカリ、酸に弱いという特徴がある。
次にテフロン加工。
フライパンの表面に樹脂加工を施しており、食材がくっつきにくいことが最大の特徴である。
魚など柔らかい食材の両面を焼くときは重宝するであろう。
また、汚れが落ちやすく洗う手間がかからないことも長所である。
ただし、樹脂加工は高温に弱く、傷つきやすい性質で使用しているうちに樹脂が剥がれてしまうので、買い替えが必要になる。
どのフライパンも一長一短であるので用途や場面に合わせた材質選びが重要である。

フライパンの材質と特徴

Comments are closed.