チタン製フライパンの特徴

チタン製フライパンの特徴は、まず軽量なことである。
重量が鉄製の約半分で扱いやすい。
次に耐性。
衝撃、高火力、酸、アルカリのいずれに対しても強く丈夫である。
この2つの特徴から分かることは、鉄製とアルミ製の短所を克服しており、チタン製フライパンは両者の長所を合わせた点が特徴的である(鉄製は重量がある、アルミ製は高火力、酸、アルカリに弱い)。
一方で短所もある。
熱効率が悪いということである。
火力が当たる部分は非常に高温になるが、ほかの部分はそれと比較すると多少ではあるが温度が低く、焦げやすいしムラがあり、またそもそも肉薄なので蓄熱性が良くはない。
従って、例えば魚のムニエルなど、じっくり焼いて焦げ付く可能性がある食材や、中までふっくら仕上げる食材の調理には不向きであるが、野菜炒めなど短時間で手早くサッと調理できるものには適している。
また、丈夫で軽量であるので、持ち運びに便利でありアウトドアや災害の避難の家財道具の1つとして調理に活用することも十分可能である。

チタン製フライパンの特徴

Comments are closed.