関東学院高校が積極的に取り組む活動は?

源流にキリスト教の神学校を持つ関東学院高校は、キリスト教教育に力を注いでいます。
キリスト教教育の一環として、週2回行う各学年毎の礼拝と、イースターやクリスマスなどキリスト教の行事に関わる毎月1回の合同礼拝があります。
合同礼拝の際は、教会の牧師や、宣教師を招いています。
また中学1年生から高校3年生までの6年間、聖書を正しく読み取る力を育てるため、週1時間の聖書の授業を設けています。
また夏休みには、希望者によるボランティア実習体験を行い、キリスト教の精神を学ぶ校外教育活動を行っています。
キリスト教教育と同様に、関東学院高校では、生徒の自主性を育てるため、年間行事やクラブ活動にも積極的に取り組んでいます。
年間行事には、毎月1回行われる合同礼拝の他に、働く事を体験する体験学習、11月に行われる文化祭、クラス対抗で行われる合唱コンクールなどがあります。
クラブ活動は、運動部・文化部・同好会・課外授業があり、県大会や全国大会を目指し、毎日練習に励んでいます。

関東学院高校が積極的に取り組む活動は?

Comments are closed.