新入社員研修を受ける事になりました

就職活動をかなり早くから始めていたので、周りの友達よりも早いうちに希望する企業への内定がもらえていました。

だから学生生活の最後はそれなりに楽しく遊んで過せたのはラッキーだったと思っています。

卒業式を終えていよいよ入社式を迎えましたが、その翌日からは新入社員研修が始まります。

地獄のような合宿だと噂をする同期入社の人もいますが、取り敢えず、学生気分を抜く為の指導を受ける事になるのでしょう。

そして、社会人としての最低限のマナーや礼儀作法、コミュニケーションのとり方などを学ぶ事になると思います。

ここでしっかりと気持ちの切り替えを行って教えていただく事をしっかりと受け止めて社会人の第一歩を歩み出したいと思います。

中には内定後の数か月でビジネススキルを磨いていた者も居るようです。

既に差が生まれているのかもしれませんが、まだまだ、これからが勝負であり、気持ちを引き締めて新入社員研修に挑みたいと思います。

明日の集合時間、場所をチェックして今日は早めに休みます。

2泊3日の新入社員研修が始まりました

大手飲食チェーンの会社で入社式を終えて翌日から早速新入社員研修が始まりました。

2泊3日の新入社員研修で、山梨県にある研修センターでの合宿です。

初日はオリエンテーションと昼食の後、基本的なマナーや社会人としての意識改革について講義を受け、休憩後は、具体的な仕事の進め方、コミュニケーションのとり方などを教えてもらいました。

特に報・連・相の重要性を厳しく教えてもらいました。

その後も、専門的な基礎知識や時間の考え方などノートに書ききれないほどの内容で夕食前に明日の実務経験の班決めや具体的な内容の説明を受けて終了となりました。

たった半日ですが、かなりたくさんの情報を詰め込まれたので、夕食前後の短いフリータイムに内容の整理をしておきました。

そして本日は終日、実務経験で、午前中は原料となる農作物に触れる農場での体験から始まり収穫をしてテストキッチンで加工までを経験します。

今後配属が決まってからこの様な作業をする事は無いと思われますが、ひと通りの経験を班単位で体験してその実務報告をその日の内に仕上げるまでが、二日目のメニューです。

三日目は、接客の実習とこの新入社員研修の総まとめの報告会になっています。

新入社員研修で学生気分は抜けました

3日間の新入社員研修が今日で終わります。

地獄のような特訓があるという人もいましたが、思ったよりも肉体的にはハードではありませんでした。

でも、覚える事が多くあり、今まで適当にやっていた、コミュニケーションのとり方が、社会人になると通用しない事が実例で学べたので、これは収穫がありました。

これから、当たり前の事としてこの方法をとる事になるのは、今は荷が重いように感じますが、学生気分を忘れて、この方法に慣れるしかないでしょう。

実務的な事もいろいろと教えていただきましたが、これについては、実際には配属先での経験の積み重ねの部分が大きいのではないかと思っています。

新入社員研修の最終メニューは配属先の辞令交付です。

これでいよいよ配属が決まり、1日の休日を挟んで、現場での実務が始まります。

いきなり現場での仕事と言う事で少し緊張をしていますが、現場に慣れる事が大切で、そこでの経験が今後の自分の財産になるでしょう。

研修を担当した人事部のトレーナーが温かい言葉で最後に送りだしていただけたのですが、期待と不安感でドキドキしています。

新入社員研修を受ける事になりました

Comments are closed.