「雷の子供が落ちて来る」ような高い巨大煙突

昔、ある漫画で、特殊な魔法のガスを使って雲に乗って遊んでいた子供が、うっかり雷雲に触ってしまって落雷、雷と共に落ちて近くの風呂屋の煙突にしがみつき、「雷の子供が落ちて来たぞ」と、下にいる人々が騒いでいるという場面がありました。
その子供が下りられたのかどうかは不明ですが、日本の風景にやはり煙突は欠かせないものがあります。
高いものも低いものもありますが、現在、日本一高いとされる煙突は、茨城県にある大型施設で231m。
次いで2番目が、これも茨城県の大型工場、愛知県内、三重県内、岡山県内の各大型施設の230mです。
因みに世界一高いものでは、旧ソ連カザフスタン内の大型発電施設の419.7m。
次いで2番目が、カナダ国内の大型工場の381mと、やはり格段の違いがあります。
さらに大正時代〜昭和時代にかけて、関東地方にあった大型施設のものは、巨大な4本から成った「お化け煙突」とも呼ばれ、雷の子供が落ちて来そうな姿でした。

「雷の子供が落ちて来る」ような高い巨大煙突

  • 6月 27th, 2016
  • Posted in 未分類
  • コメントは受け付けていません。

昔懐かしい日本の蒸気機関車と煙突の風景

日本の多くの人々の心に、今も日本の原風景のように残っている蒸気機関車。
その煙突から煙をたなびかせ、汽笛を風に響かせながら走る姿は印象的で、昔は蒸気機関車のファンだったという方も多いでしょう。
ファンの方がよく御存知の大型蒸気機関車が登場して来るよりまだずっと昔の明治時代、西日本のある銅山で小型の蒸気機関車が活躍していました。
いずれも重い銅を載せた貨物列車を運搬し、もくもくと黒煙を上げながら「何だ坂こんな坂」とばかりに坂道を喘ぎながら上って行く機関車の姿が目に浮かんでくるようです。
当時使用されていた機関車は、1892年にドイツで製造されたもので、全長約5m、高さ約2.7mでした。
その後もやはりドイツ製でほぼ同じ型をした機関車が活躍していましたが、その煙突の形は様々で、真っすぐな芯状の「ストレート型」から、上部の形がソロバンの玉のように見える「ソロバン型」、上部の形がダイヤモンドのように見える「ダイヤモンドスタック型」、ストーブ煙突の形をした「ストーブパイプ型」などが登場し、現在も深い関心を寄せる人が多いようです。

昔懐かしい日本の蒸気機関車と煙突の風景

  • 6月 27th, 2016
  • Posted in 未分類
  • コメントは受け付けていません。

煙突のタイプと役割と二酸化炭素そしてその存在

みなさんの住む町には煙突があるでしょうか。
煙突と一口に言っても数多くのタイプがあります。
鉄製の太い針金を芯にしたヒューム管製の小型家庭用タイプもあれば、昔懐かしい酒造場や醸造工場のレンガ作りタイプ、大規模工場などにある大型の鉄筋コンクリートタイプ、また建造物だけでなく、古くは蒸気機関車用タイプや、中型・大型の船舶用タイプなど実に様々ですが、その主な役割は、その建造物や鉄道・船舶などで燃焼させた燃料を煙として外部に排出する事です。
その結果、排出された煙は外部へ拡散しますが、煙突が高ければ高いほど煙は広範囲にわたって拡散されます。
そのため、煙によって発生する二酸化炭素による地球温暖化や地球環境問題が連日のように叫ばれる現代ではその存在も危ぶまれつつありますが、でも一方では燃料の改善も進められているようです。
変わった形の煙突
そして昔ながらの日本の産業や風景の一つとして保存を考える声もまた多くなっています。
煙突はやはり日本の風景には欠かせないものでしょう。

煙突のタイプと役割と二酸化炭素そしてその存在

  • 6月 27th, 2016
  • Posted in 未分類
  • コメントは受け付けていません。

テレビで知ったハッピーマム

私が保育問題に興味を持って調べ続けていた最近になって、ひとつのテレビ番組が保育問題や待機児童問題、そして何より、働く女性について取り上げていました。
実際に、保育施設の実情にスポットを当てるだけじゃなくて、その現場で働く人たちや企業を追ったり、看護師が保育士としてみなされることがあるということも、その番組で初めて知りました。
そして、ハッピーマムという保育園があることも知ったのです。
政府が決めたルールによると、ひとりの保育士が受け持つ1、2歳の児童の数は六人で、0歳の児童の数は三人。
これってすごく大変なんじゃないかと思います。
私には今、小学生低学年の弟がいるけど、あの子が小さい時は、私も世話を任されることがあって、ひとりだけでもすごく手がかかりました。
その時の私自身が小学生だったっていうこともあるけど。
ハッピーマムでは、保育士の人数を増やして、できるだけ多くの大人でこどもを看れる環境作りを目指しているみたいです。
私はまだ、受験生ではないけれど、こどもも好きだし、ちょっと使命感も生まれました。
保育士も進路として考えてみようと思っています。

テレビで知ったハッピーマム

  • 6月 21st, 2016
  • Posted in 未分類
  • コメントは受け付けていません。

保育問題とハッピーマムのような認可保育園と認可外保育施設

待機児童が増えた理由は、実は隠れていた、ハッピーマムのような認可保育園を利用したいという要望が表れたからなんだと言います。
実際に、2015年は前年よりも認可保育所や認定こども園の利用者が6万人以上も増えていたそうです。
でも、どうして少子化が進んでいるのに、保育園が足りないのだろう?そう考えた私が調べたところでは、自治体の財政状況が悪化したことで、公営の保育施設が減少傾向にあること。
それに、保育資格を持っていても、保育士として働いていない人が多いこと。
そのふたつが大きな原因のようでした。
保育士はこどもの命を預かる仕事ですが、その月収はおおよそ二十万円平均だそうです。
こどもの命を預かると言うと、大げさに思えるかもしれないけど、実際に2015年には600件あまりのこどもの事故が保育施設で起きていて、十四人が保育施設で亡くなっている。
死亡した児童は0歳や1歳の子が多くて、十人は認可外の保育施設で亡くなった。
ものすごくショックを受けました。
私がハッピーマムを知ったのはそんなときでした。

保育問題とハッピーマムのような認可保育園と認可外保育施設

  • 6月 21st, 2016
  • Posted in 未分類
  • コメントは受け付けていません。

私がハッピーマムに興味を持ったわけ

私がハッピーマムという保育園について知ったのは最近のことです。
それより前に、二月ころ、保育問題に注目が集まるきっかけとなったWEB掲示板上の匿名の書き込みは、みなさんも知ってますか?私はまだ進路も決めていない高校生なのですけど、保育問題についてはまったく知識がなかったので、ものすごくびっくりしました。
こどもが保育園に入園できずに、母親が仕事ができないなんて。
だって、少子高齢化が進んでるんでしょ?どうして、こどもが少なくなっているはずなのに、保育園に入園できない子、保育園への入園を待っている子、待機児童と、そんな子を抱えている親が沢山いるんだろう?単純に、そう思いました。
そこで、少しずつ暇な時間に保育問題について調べ始めました。
待機児童という言葉。
ハッピーマムで子どもの喜ぶ顔を見る
実は、そういうふうに呼ぶんだということも、調べているうちに初めて知りました。
びっくりすることに待機児童の数は二万人以上もいて、2015年はその前の年より増加しているそうなんです。
当時の私は、もちろんハッピーマムみたいな認可保育園のことも知りませんでした。

私がハッピーマムに興味を持ったわけ

  • 6月 21st, 2016
  • Posted in 未分類
  • コメントは受け付けていません。

保健科学研究所では介護に来てくれる

保健科学研究所では、グループホームを設けています。
そこに入居して介護を受けることができます。
しかし、今更別の場所に入居して生活を送ることに、抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。
そこでは他にも、たくさんの人が共に生活を送っています。
友人を作るチャンスでもありますが、ゆっくりと生活を送りたい人や、コミュニケーションを取ることが苦手な人にとっては、グループホームは良い選択肢とは言えないでしょう。
ですがそんな人のために、保健科学研究所は自宅に訪れて、介護をするサービスも行っています。
住み慣れた自宅で、安心した生活を送りたい場合は、それを依頼してください。
その方がグループホームを利用する時よりも、安い費用になることが多いです。
費用のことを気にしている人にもおすすめです。
どの方法で介護を受けたら良いのかよく考えてから、保健科学研究所に連絡をしましょう。
すると身体が不自由でも、快適な生活を送れると思います。

保健科学研究所では介護に来てくれる

  • 6月 17th, 2016
  • Posted in 未分類
  • コメントは受け付けていません。

病気の治療に効果を発揮してくれる保健科学研究所

大きな病気に悩んでいる人も多いと思います。
保健科学研究所では、そんな人たちのために、新しく病気の治療方法を考えたり、新薬の開発を進めたりしています。
まだこの世界には、解明されていない病気が多いです。
原因がわからないと治療を進めることもできないので、解明が急がれています。
また、病気の解決方法がやっと見つかった場合でも、病原菌に対抗できる薬が無いと、どうしようもないケースがあります。
しっかりと患者さんの病気を治療できるように、薬に含める成分や、配合量を細かく調整しています。
また、新しい薬が完成した場合でも、それが患者さんの身体に、大きな負担を与えるものでは意味がありません。
それでは使えないので、作り直しになります。
きちんと効果が発揮されて、身体に与える負担も少ないものを作れるように、保健科学研究所では、何回も臨床試験を行っています。
ですから、世の中に出回っている薬は、良い効果が期待できるものだと言えます。

介護のことなら保健科学研究所に任せよう

積極的に介護事業を進めているのが、保健科学研究所の大きな特徴になります。
人間は誰でも歳を重ねます。
その頃には、身体が不自由になる可能性があると理解してください。
その時のために、今からどのような事業を行っているのか、具体的にして調べておくと良いでしょう。
必要な時にすぐ連絡をして、介護を受けることができる体制を整えておきましょう。
そのためには、前もって情報収集をすることが重要です。
介護が必要になった時に、調べ始めるのは良い方法ではありません。
それでは結局、保健科学研究所に介護の連絡をするのも遅くなってしまいます。
これからの生活に大きく関係する部分ですので、しっかりと情報を入手しなくてはいけません。
保健科学研究所に勤める
どのような介護をしてくれるのか、また必要な費用など、調べることはたくさんあります。
身体が不自由になった時に調べるのも大変なので、元気な時から、保健科学研究所のホームページなどを見て、詳しい内容を理解してください。

病気の治療に効果を発揮してくれる保健科学研究所

  • 6月 17th, 2016
  • Posted in 未分類
  • コメントは受け付けていません。

貸し事務所が新宿にあると嬉しいメリット

今まで新宿であるメリットを述べてきましたが、個人的に一番だと考える貸し事務所の場所として新宿を選ぶ決め手になると考えるのは物流の良さだと思います。
仕事をするうえで荷物や書類、手紙などの郵便物が迅速に届くというのは当たり前かもしれませんがとても重要だと思います。
ストレスなく済みますし、荷物がいつ頃になるのかとやきもきせずに済むのは仕事をこなす上で、あったらとても嬉しい条件の1つではないでしょうか。
ただ貸し事務所を借りようと思うのであればどこでもいいのです。
でも便利で楽でメリットが多くある方がいい。
そんな風に望むのであれば貸し事務所を借りるその土地柄も考慮していく方が好ましいと考えます。
そうなるとやはり物流がよく、交通の便がいいという点で新宿の街が候補の上位に挙がってきます。
あなたがもしこれから貸し事務所を借りようと考えているのであればその候補の中に新宿の街を入れて検討してみることをおすすめします。

貸し事務所が新宿にあると嬉しいメリット

  • 6月 2nd, 2016
  • Posted in 未分類
  • コメントは受け付けていません。

新宿で貸し事務所を借りてみる

今まで使っていた仕事場が手狭になってきたからどこか新しい場所を借りたい、自宅と仕事場は分けていきたい。
そう考えるあなたには貸し事務所なんて選択肢はいかかでしょうか。
自分の住みたいとこに住みたいけど仕事場も兼ねているから利便性も考えなければ、そんな悩みも解決します。
自宅は自分の好みの地域で、仕事場は新宿あたりの利便性の高い地域に。
そんなことも出来ちゃいます。
今回は新宿での貸し事務所のいいところを個人目線で語っていきたいと思います。
まずはなぜ貸し事務所が魅力なのか。
それは仕事とプライベートのオン・オフが区別しやすくなることではないでしょうか。
自宅兼仕事場は素早い対応も出来ますし、遅刻の心配もないです。
しかし、プライベートと仕事の境界線が曖昧になってしまって、休もうにもしっかり休めない、仕事モードに切り替えられないとなれば本末転倒です。
でも例えば新宿あたりまで向かうとなればその間に気持ちを切り替えられますし、効率は上がりそうです。

貸し事務所を新宿で選ぶ決め手

じゃあなぜ貸し事務所を選ぶ際に新宿を選ぶのか。
やはりそれは東京の中でも特に有名な都市ですし、覚えてもらいやすさもあるのではないかなと思います。
目に留まりやすい、覚えやすいというのは後々、知名度の問題で大きく役立ちそうです。
それに加えて、駅に止まる電車の種類が多数あることも外せません。
ここでパッと思いつくだけでも都内を走行する様々な電車がありますし、都内の電車の大部分を網羅していることがわかります。
実際にはもっと多くの路線が止まるのでとても便利な駅だと思います。
貸し事務所を新宿で紹介してもらう
普段どこかへ行こうとしたとき、ここでは貸し事務所のある新宿まで通勤するのに一番の問題と言えば乗り換えの多さか混む駅かどうかも挙げられますが個人的にはトータルした時間の長さが一番だと思います。
同じ考えの方もいらっしゃるとは思いますが、たとえどれだけ混んでいても10分でいいのと、比較的空いていて1時間以上かかるのとではやはり拘束時間の面で後々疲れが来そうです。
その点で言えば新宿に貸し事務所を構えたなら比較的楽な通勤時間で済みそうです。

新宿で貸し事務所を借りてみる

  • 6月 2nd, 2016
  • Posted in 未分類
  • コメントは受け付けていません。